>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年07月23日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数81
ジャンル

作品内容

弁護士 隈吉源三・三十三才。
男達の欲望に巻き込まれながら、法律の道を進むんで行く。
一度は医学の道を就きながらも、法律の道に進路を変えた弁護士・隈吉源三。
その質の高さでは日本の法曹界でも有数と言われる弁護士事務所に応募して、採用されることとなった。
ダメ元のつもりで応募した源三は、採用されたことに驚く。
所長の話では、在籍する弁護士の一人が強力に推薦してくれたというのだ。
それは、高校時代の同級生・高山だった。
元来、頭がいい方ではなく、肥満児でコンプレックスの塊のような俺と正反対の存在が高山だった、
スポーツ万能でハンサム、家は名家でお金持ち。努力の影すら見せずに東大法学部に合格してしまう優秀さ。
決して高校時代に仲が良かったわけでもない高山と、仕事でコンビを組むことになる。
ところが、この高山といい、所長といい、なぜだか同じ男である、
しかもハンサムでもない俺に対して、性欲をぶつけてくる。
戸惑いながらも、男達の欲望に慣れて行く俺、
そして、コンビで対応する業務にも、男たちの欲望と愛情が深く関わっていた…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040251
ファイル名/ファイル容量
BJ040251.zip / 692.46KB (709084Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「弁護士 隈吉源三 第一話 さよならの真実」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件