ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > 視線狩人~失禁露出電車

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年08月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数53
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

自分の痴態をノンケの視線に晒すことでしか満足できない筋肉青年。
駅から電車内での淫らな露出行為の全貌とは?

その青年は、鍛え上げられた見事な肉体をピッチリした濃紺のTシャツと、
その下半身の筋肉の、そして彼の逸物の形状をくっきりと浮かび上がらせる
トレーニングパンツに包み、サングラスをかけて駅のホームに立っていた。
彼とすれ違う男女とも、顔をしかめたり、うすら笑いでジロジロと見て行ったりする。
そう、青年にとってはそのスタイルは、着衣でありながら、全裸でいるのと同じ感覚だったのだ。

大学でレスリングに精をだしていた青年は、卒業後にジム通いをはじめ、
そこで自分の鍛えられた体が称賛されることを知った。
そして、鏡の中にこそ本当の楽しみがあることを知るようになる。
鍛えれば鍛えるだけ見事に変貌していく自分の姿に見惚れ、一日に何回も鏡の前で全裸を晒すようになる。
ナルシスティックな性の悦びを覚えてしまった青年の興味は、どんどんと加速していく。
そしてたどり着いたのは、公衆の場で、いかにノンケ男達の視線を自分の痴態に集めるのかということだった。
変態だと通報されることなく巧みにノンケの視線を集めていく、エスカレートする露出行為の全貌とは?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040247
ファイル名/ファイル容量
BJ040247.zip / 589.24KB (603378Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「視線狩人~失禁露出電車」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!変態ナルシスト

2016年04月08日   投稿数 : 6位

このレビューは参考になった×1人

男子高校生らが、主人公のやらかす卑猥な行為を固唾を飲んで見つめている。読んでいるこちらも、主人公が次にどんな卑猥な恥ずかしい行為を披瀝するのか、登場人物の高校生の気持ちになって、期待でわくわくしてしまった。タオルをバッグから取り出して…というそこからのくだりは、思いも寄らないえげつない卑猥な行為であった。終盤のトイレでの行為は、期待をもたせる形で終結したが、こちらとしては、主人公が、どんなに惨めな姿で、どのような後始末をして、身繕いをして、帰って行くのか、その姿まで知りたかった。
続編を期待してやまない。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]