ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > 神楽舞 4

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年09月26日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数69
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

戎橋政造×城平海(原作)のコンビで大ヒット! 完売となったコミックスの全話配信。

■第七話&第八話&その後のふたり
父親の突然の死で、茫然自失となった敬二郎を、大輔は心身ともに支えて行く。
そして先への希望をもてるようになった敬二郎は、職探しのため九州へと向う。
仕事が決まったら大輔に一緒に来てほしいと言い残して。しかし、大輔は即答はできなかった。
敬二郎がいなくなれば大輔がこの村に残る理由もなくなる。
切ない気持ちを抱えながら、お互いの肉体を貪り合う大輔と耕太。
そして、神楽舞の日がやってくる。
舞を終えれば、別離が待っていると知りながら、2人は舞台へとあがっていく…。

ジーメン本誌連載時には描かれなかったエピローグ「その後のふたり」まで、まとめて配信。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040223
ファイル名/ファイル容量
BJ040223.zip / 23.3MB (24430789Byte)

神楽舞 4の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「神楽舞 4」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件