({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年09月19日
シリーズ名太陽が呼んでいる
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数61
ジャンル
ファイル容量
19.7MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

那覇を舞台に描き出される男騒ぎの日々。完売したヒット・コミックスの第七話&第八話。

■第七話「赤田首里殿内」
結丸の覚醒モードと同じように、ガン太も興奮してやらかしてしまう最中の記憶がほとんどない体質。
そんな話を、シロとクロと3人でしているところに、宿泊客を観光に連れて行っていた結丸が戻って来る。
向井というゴツい客に歓迎の挨拶をするガン太だったが、向いは「夕べはどうも…」と応える。
ガン太はまったく記憶がないようだが、シロとクロは夕べ向いがハッテン場に入って行くのを見ていた…。

■第八話「島のガラスの贈り物」
「てぃだ」に飾られている琉球ガラスの大皿に興味津々のガン太。
それを見た結丸は、その皿にまつわる思い出話を始める。
それは「てぃだ」をオープンさせたばかりの頃、まだシロもクロもいなかった当時のこと。
琉球ガラスの工房を見に行った結丸は、その工房主が昔近所に住んでいたおじさんだと知る。
親しげに話す工房主と結丸を、その工房で働く弟子が嫉妬に満ちた目で睨みつけていた…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「太陽が呼んでいる 4」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件