ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > アブない関係02 第四話~第六話

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年01月30日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数76
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

男やもめと体育会息子。野郎2人の生活は、いつしか肉欲まみれになっていく…。

ある日の練習後、主将に誘われた哲男は焼き肉を食いに行く。
そして高倉は、同僚の大貫の家で酒を飲んでいた。
哲男とのことを大貫に相談する高倉だが、
気づくと大貫にチ○ポくわえられて思いっきり射精させられていた。
それでも萎えない高倉のチ○ポに、大貫は自ら跨がって腰を振り、
高倉に雄同士のセックスの悦びを教え込む。

その頃、焼き肉をおごってもらった哲男は主将の部屋でフェラ奉仕をしようとしていた。
しかし部長は、「童貞で穴に突っ込んだことがないので、尻穴を使わせてくれ」と頼んでくる。
部長の優しさを気に入ってる哲男は未経験のケツを主将の前に差し出すのだが…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040188
ファイル名/ファイル容量
BJ040188.zip / 36.5MB (38277314Byte)

アブない関係02 第四話~第六話の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「アブない関係02 第四話~第六話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件