ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > 白い血のゆくえ 01

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年04月10日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数65
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

リストラ対象の中年親父に与えられた仕事は、肉接待だった!
歪んだ愛憎劇をダークに描き上げる、くじらの問題作。

慣れない営業職で再就職した中年親父・繁谷。
なかなか成績は上がらないものの、妻と大学生の息子と家のローンを抱えていて、
がむしゃらに頑張るしかなかった。
そんな繁谷を、上司の須賀沼は妙にねばつく視線で見つめていた。
ある晩、残業で一人残っていた繁谷に、呑みに行かないか、と須賀沼が声をかけた。
いい知れない気持ち悪さを覚えた繁谷は、誘いを断ってしまう。
それを境に、須賀沼の態度は一変し、成績の上がらない繁谷を会社の寄生虫だと面罵し、
露骨に辞職を迫ってくる。
家族のためにも辞める訳にはいかない繁谷は、
「どんな仕事でも、会社のためにやります」と頭を下げて懇願する。
そんな繁谷に対し、須賀沼は「俺の前でマスターベーションをしてみろ」と命じるのだった…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040181
ファイル名/ファイル容量
BJ040181.zip / 33.53MB (35160441Byte)

白い血のゆくえ 01の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「白い血のゆくえ 01」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件