「天保桃色水滸伝 (1)」のレビュー一覧

天保桃色水滸伝 (1)
八月薫(画) 粕谷秀夫(作) / リイド社
648 / 18pt (3%還元)
武士を隠居して絵師となった杉孫六は、亡き息子の妻・加津を伴いえちごから江戸へ出てきた。義理の親子であるこの二人は、色々あって男女の仲に──
着物/和服青年コミック歴史/時代物緊縛拘束
  • 販売日: 2018年06月27日

瑞々(みずみず)しく、清楚な色香を放つ”加津”。

2018年06月27日   一陣の光 さん投稿数 : 1位

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]