「歩き巫女九尾 2」のレビュー一覧

歩き巫女九尾 2
大杉ゆきひろ / 日本文芸社
486円 / 13pt (3%還元)
後に本能寺で信長を追い詰めた、武田のくノ一“歩き巫女”九尾。これは彼女の前に“九尾”の名を冠した若き“歩き巫女”の物語。
マンガ単行本専用ビューア
  • 販売日: 2017年10月28日
  •     
  • (44)

オススメ!眼鏡っ娘くノ一大活躍(この時代に眼鏡っ娘ってツッコみは)

2017年11月02日   穂積 さん投稿数 : 2位

このレビューは参考になった x 0人

いわゆる過去編です。
ただし、この2巻の終局がそのまま1巻の序盤に繋がるわけではありません。
桃太郎で言えば、1巻が鬼ヶ島に到着して鬼を討伐した話だとするなら、この2巻は桃から生まれてまだ旅にも出ていないくらいの序盤です。
この後よほど大幅な早送りをするか、でなければ2,3冊は費やさないと1巻の時系列に戻れる気がしない、大胆なプレイバックです。
一方で、明確なメリットがあります。
1巻とは時代が違うので標的が織田ではなくなり、歴史もの特有の「史実の制約」が弱くなった感があります。
つまり史実を改変しない限りは、歴史上の目立った出来事の合間の、記録がない範囲で行われた戦として描くしかないわけで、マイナーな武将が相手の方がその空白期間は多くなり、自由度が高くなる寸法です。
実際、[作品内容]にも書いてある通り、まだ武名を轟かせる前の武田の、さらにその部下の真田軍、が主導の謀略にスポットが当たっているので、歴史を屋台骨にしながらだいぶ遠くまで離れています。
その甲斐あってと言うべきか、ダイナミックなエロティックバトルが目白押しです。
妖艶に武者をたぶらかしつつも、主人公の新米時代なので、初々しく負けそうになる可愛さも見れる良いギャップが拝めます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:3月12日