「ふたりのじかん(1)」のレビュー一覧

ふたりのじかん(1)
おにお / 竹書房
669 / 18pt (3%還元)
マジメな高校一年生・真田文人には気になるセンパイがいる。
萌え先輩/後輩天然制服青年コミック学校/学園ラブコメほのぼの
  • 販売日: 2017年10月04日

オススメ!いつ怒られるのかハラハラするけど目は離せない

2017年10月05日   穂積 さん投稿数 : 2位

このレビューは参考になった x 0人

端的に言えば純情な後輩男子と無防備な先輩女子のラブコメです。
いえ、厳密な狭義に則るとラブコメの枠からは追い出されるかもしれません。
やっぱり王道のラブコメと言ったら、ラブの矢印と矢印が交錯してスパゲッティみたいに絡まった複雑さが醍醐味だと思います。
しかし、本作は矢印が一本しかありません。
後輩男子の太くて熱い矢印があるだけです。
女子側の矢印は存在するのかどうか、少なくともこの1巻では見えてきません。
ところが、だからこそ厄介であり、本作の根幹の部分なのです。
つまり普通のラブコメなら男子と女子が居てくっ付いて完でしょうが、本作は片方が恐ろしいまでに好意に鈍感です。
女性ならば男の熱視線に敏感に気づきそうな所を本作のヒロインは全くの無自覚で、それゆえに際どいポーズやスキンシップを躊躇しません。
純情な青少年の性衝動を刺激して仕方がない行動の数々を丸でハニートラップかのように、鮮やかにやってのけます。
サンプルのページはその実例です。
そりゃミニスカートの太腿が置いてあったら見てしまって当然です。
いっそ、叱ってくれたり、軽蔑してくれたりした方が気が楽になりそうなのに、そうはならないハラハラドキドキのチラリズムフェチ本です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

絶妙な、”和月”先輩と”文人”の距離感。

2017年10月05日   一陣の光 さん投稿数 : 1位

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]