「流香魔魅の杞憂 1巻」のレビュー一覧

流香魔魅の杞憂 1巻
奥瀬サキ / ワニブックス
648円 / 18pt (3%還元)
物語は小田原から始まる。口寄屋の流香魔魅と、高架下で拾った少女、來夕。二人に幽霊が囁く。
マンガ単行本専用ビューア
  • 販売日: 2017年08月25日

意外に顔芸が激しい

2017年08月26日   穂積 さん投稿数 : 2位

このレビューは参考になった x 0人

ギャップ萌えです。
サンプルに掲載のページにはそういったシーンが含まれていないので驚かされましたが、意外と顔芸が激しい漫画です。
黒衣を纏って黒髪ロングで、オカルト関係の職を生業にしている美女なんて、陰鬱な性格だと思って当然です。
実際、大事がない限り落ち着いた話し方でクールビューティーな印象です。
しかし、驚いたりツッコみを入れたりする時は目を大きく見開くし、乱暴な口調になったりもします。
ぶっきらぼう過ぎて男勝りに映る場面も少なくありません。
深窓の令嬢が親しい相手にだけ見せる素の表情を垣間見たようで、プレミアムな嬉しさがありました。
そういう彼女の性格も相まって、ホラー系作品だけど、鬱々とした雰囲気ではありません。
かと言って真性のギャグ漫画みたいに明るいかと言われると当然違います。
ブラックコーヒーに砂糖1杯入れたくらい?甘さはあるけどベースとして苦味は残ってるみたいな感じです。
一方で、謎解きの側面もあり、謎が解け始めてホッと一息ついたと思って油断するとホラーの要素が襲い掛かる絶妙なバランスです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:1月4日