「メイドインアビス(6)」のレビュー一覧

メイドインアビス(6)
つくしあきひと / 竹書房
885 / 24pt (3%還元)
大穴『アビス』の底を目指し、探窟を続けるリコとレグ、そしてナナチ。
少女ロボット青年コミック格闘シリアスファンタジーバイオレンス
  • 販売日: 2017年07月30日
  • (27)

オススメ!もう完全に人が立ち入っちゃいけない領域っぽい

2017年12月26日   穂積 さん投稿数 : 2位

このレビューは参考になった x 1人

前の巻までは多少わけありであっても五体満足な人間が主人公達以外にも数多く居ました。
しかし、この巻ではまた一段下層に降りて、風景が一変しています。
サンプルのページはその幻想と恐怖をネタバレしないため、あえて地上を回想した場面を選んでいるのだと思います。
地形、身体、言語、金銭ありとあらゆるものが地上の常識を逸脱してしまっていて、居るだけで不気味さに身の毛がよだつお化け屋敷のような違和感を受けます。
そして、おのずとそんな未知の遺物を絵として描ける原作卿の想像力(創造力)に感動させられます。
一方で、そんな中でも正気を失わず、前を向いて進んでいく主人公の強さには感心しました。
逞しいと言っていいのか、能天気と言っていいのか、ともかく探検隊を引っ張っていくリーダーとしては重要な素質です。
それはさておき、この巻では表紙にも描かれた新キャラクターが登場し、読者の性的趣向を今まで以上に倒錯させかねない魅力を放ってきます。
もう何もかもが未知に満ち溢れた道のりの連続で続きが気になります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]