「高岡さんの妄想経理メモ 1」のレビュー一覧

高岡さんの妄想経理メモ 1
pikomaro / ノース・スターズ・ピクチャーズ
583 / 16pt (3%還元)
とある総合出版社の経理部に勤務する高岡さん。勤続1年目のちょっと地味系女子。いつも通り、真面目にテキ…
メガネOL青年コミックオフィス/職場コメディ
  • 販売日: 2017年05月21日

オススメ!作者の経歴が気になるタイプの作品

2017年05月23日   穂積 さん投稿数 : 2位

このレビューは参考になった x 0人

サンプルにほぼ1話分掲載されている(と言うかオチを含む残り5ページ足せば完全に収録1話目なのですが)ので、それを見ればだいたい分かると思います。
要するに、経理課の眼鏡美人OLが領収書から自社社員の行動を推察し、間違った方向に妄想を全力疾走させてしまう話なのです。
ここまで酷いかどうかはさて置き、こういう思い込みが激しい人いる気がします。
それも含めて非常に現実的です。
いえ、主人公OLの妄想シーンはぶっ飛び過ぎているので例外として、経理のお仕事とか、ちょっと男女関係の話をしただけでセクハラ扱してくる女性社員がいたりとか、中小企業でも部署間は断絶していて何をやっているのか知り得ないとか、同じサラリーマンとして納得する部分が多々あります。
特に、経理の勘定科目の仕訳は簿記を知っている身から見ても間違いがなくて、感心するくらいリアル志向です。
もっとも、実際の私の会社にはこんな美人社員は居ないどころか、業種的に男女比すら偏っていて、かなり羨ましい職場環境です。
そう考えると、作者様の経歴が気になってきます。
作者様は本作以前からイラストレーターとして実績がある方で、その画力の高さは一目瞭然です。
反面、この現実味は一時的にでも経理課で勤務していたとしか思えないレベルです。
そのリアルの中で、OLが眼鏡を外すと方向音痴な妄想が炸裂するのは斬新で面白いです。
深夜帯のショートドラマ枠で実写化したら成功しそうだと思ってしまうタイプの作品です。
一方で、美麗な絵柄は本作の写実的なストーリーと親和性が高くて、この絵でもっと見てみたいとも強く希望します。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

地味な制服姿のヒロインが、記憶に残る一冊。

2017年05月23日   一陣の光 さん投稿数 : 1位

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]