「はした金で売られた女~蕾の頃~」のレビュー一覧

はした金で売られた女~蕾の頃~
庭りか / ぶんか社
432円 / 12pt (3%還元)
家政婦代わりの嫁として売られた貴子が咲かす銭の花の色は?
マンガ専用ビューア
  • 販売日: 2016年05月27日

痛快な読後感を味わえる、一冊。

2016年05月28日   一陣の光 さん投稿数 : 1位

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

終戦直後、”口減らし”の為に”嫁”に出されたヒロイン。
彼女の才覚で、嫁ぎ先の小さな商店が大店(おおだな)
へと発展してゆくストーリー。
読んでいて感じたのは、追い詰められても”めげない”
ヒロインのバイタリティー。複雑な人間関係や困難を
乗り越え、それを”糧(かて)”として商売を広げてゆく
ヒロインが、人間味タップリに描かれていて、痛快な
読後感を味わえます。ヒロインに感情移入する一冊。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:10月11日