「セクサロイド(2)」のレビュー一覧

セクサロイド(2)
松本零士 / ゴマブックス
529 / 14pt (3%還元)
西暦2222年――――。科学の発達した近未来の日本では性的な能力を持つ「セクサロイド」と呼ばれるロボットが誕生していた。
青年コミックSF格闘セクシー
  • 販売日: 2014年08月02日

オススメ!パターン化を逆手に取った意外性の連続

2018年07月24日   穂積 さん投稿数 : 2位

このレビューは参考になった x 0人

本シリーズはある意味で東山の金さんや水戸黄門のようなパターン化の気持ち良さを感じる内容でもあります。
主人公の工作員と絶世の美女セクサロイドがツーマンセルのパートナーとなり、局長に指示された事件へと飛び込み、男女どちらか場合によっては二人ともドジを踏んで窮地に陥る流れが概ね定番です。
そして、男の方はあわや殺されるかの危機的状況、セクサロイドの方はあわや貞操を奪われるかの危機的状況を潜り抜けるハラハラドキドキが見所です。
そこで特筆すべきは、あくまで大筋であって厳守ではない意外性です。
2巻ともなってくると読んでいる側も「どうせいつものパターンだろ?」と半ば高をくくり始めます。
しかし、ちょうど読者が山を張った辺りで絶妙に外してくるのです。
この外し方は、スパイらしい秘密道具だったり、女の恐ろしさだったり、女の儚さだったり、敵の浅はかさだったり、よくこれだけの種類を思いつくなぁと関心の領域です。
おかげで、ページの実数以上の長さに感じられて、不思議な充実感がありました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]