「愛・家族」のレビュー一覧

愛・家族
ふうたまろ / 実業之日本社
540円 / 15pt (3%還元)
ポルノ映画からのし上がって有名監督になった父の影響で、映画業界を目指す志木広斗は、義母・美紗子を未だに「母さん」と呼ぶことができない。 そんな広斗の気持ちを知ってか、最近やたらと挑発してくる義妹の真冬。ある日、真冬が父の書斎で見付けて来たビデオには、淫靡な快楽に溺れる若い頃の美紗子の姿が!!
マンガPDF旧プロテクト
  • 販売日: 2010年07月01日
  •    

男の子の欲望を受け入れることはそんなに簡単なことじゃないのよ

2010年07月05日   ホトギリス さん投稿数 : 3位

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

表題の「愛・家族」は、前編後編に分かれた 2 話構成。単発の短編 * 2、カメラマンの小悪魔系少女の活躍する短編 4 話、単発短編 * 1、と続く。すべて、女性が主導するタイプのもの。
サンプル画像には実際に行為をしているシーンは掲載されていないが、一般誌という枠内ではあるものの、えっちシーンはかならずあり、そしてえっちをすることにはちゃんとした意味づけがある。それは、漫画のストーリー展開という点でもそうであるし、主人公である男の子への語りかけという点でも、そうである。えっちをすることで彼がなにを理解するのか、あるいはなにが解決されるのかという意味づけがある。ちゃんと読ませるものになっていて、成年誌であるような、おエロ行為優先のものとは、ここで一線を画している。
やや古い作品のため、現在のふうたまろの絵柄とくらべれば見劣りしてしまうところもあるが、やはりうまい。肉づきは、体形だけでなく、年齢もあらわしている。極端に巨乳なんかにしなくても、ちゃんと大きな胸に見えている。アクロバティックな行為や、無理のある姿勢をさせても、破綻せず、ちゃんと人らしいポーズになっている。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:10月11日