「ザ・レイプマン8」のレビュー一覧

2018年01月15日 正午 割引終了
ザ・レイプマン8
みやわき心太郎 / グループ・ゼロ
540円→ 270円 50%OFF / 7pt (3%還元)
自分の結婚相手をレイプしてくれとの依頼。これまでの女がセックスに不満で逃げたと思い、本物の人間同士の結びつきを試したいとの考えだった。ターゲットは幼稚園の先生。レイプに心を閉ざして堪えた。女が本物だと確信したレイプマンは、男の方もヤクザで根性試し。
マンガPDF旧プロテクト
  • 販売日: 2010年01月27日
  •     

レイプがくれる勇気もある

2010年01月29日   ホトギリス さん投稿数 : 3位

このレビューは参考になった x 0人

レイプマン第 8 巻。
当時のもう一つの側面に、女性の社会進出がある。この漫画でも、英国首相や、国内最大野党の党首の名が出ているが、男女雇用機会均等法もこのころだった。女性の管理職はあたりまえになりつつあったし、逆に、女性用の技能職と見られがちだった分野に、男性が進出することもあった。
変わる世のなかは、摩擦を生む。特におやじさんの世代なら、この状況の変化は、めざましいもののように思えたことだろう。漫画のなかでも、
「昔は男のほうが…」
「女は年々強ーなってまっせ」
といった言葉が見られる。こういった摩擦をネタにして解消するのは、じつに漫画らしいカタルシスである。女性がクローズアップされる時代に、筆者はそれをレイプという切り口で斬ったのだ。これ以上のカタルシスがあろうか。
本巻では、女性の進出もここまできたかという衝撃の展開がある。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:10月11日