({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年05月25日
シリーズ名女神たちの二重奏 ─第II楽章─(単話)
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数23
ジャンル
ファイル容量
14.38MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

もともと東城家のメイドをしていた真理絵は、東城源一郎が母親似の女でないと興奮しないという性癖を知り、顔と身体をそっくりに整形して源一郎に近づいた。狙いはもちろん東城家の巨万の富。真理絵は源一郎との関係を深め、屋敷に招かれることに。母、そして元妻そっくりの女性を屋敷に連れてくると源一郎から連絡を受けた東城家の人々は、茜が来るものと思い込んでいて…!? 茜と麗花とそっくりな「第3の女」の登場でますます混沌とする、愛と欲望の物語。(単話版 第4話)

<登場人物相関>
麗花:東城源一郎の元妻。離婚した。茜の兄・和馬に好意をもっている。
茜:麗花そっくりの容姿。麗花と入れ替わって一時的に源一郎の妻になっていた。東城家の次男・源次郎に好意を持っている。
真理絵:巨万の富を手に入れようと、東城源一郎の母・緋実子そっくりに整形して東城家に入り込もうと画策。麗花(茜)の存在を知らなかった。
修吾:真理絵に協力する弟。
東城源一郎:東城財閥の長男。麗華そっくりな茜の存在は知らない。母、そして麗花にそっくりな真理絵に出会って驚いている。
東城源次郎:義姉だった麗花(入れ替わった茜)に恋をしプロポーズをした。真理絵の存在は知らない。

注意事項

「女神たちの二重奏─第II楽章─ 1 (BJ150525)」に収録されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「女神たちの二重奏─第II楽章─ 第4話【単話版】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件