({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年03月27日
シリーズ名昭和に咲く女の華
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数68
ジャンル
ファイル容量
36.92MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

昭和に咲く女の華1

――敗戦から一年余りの東京未だ手つかずの焼け野原雨、露だけは凌げるバラック建てが軒を連ねていた。
瓦礫が整理された所は自然と人が集まり、溜まりとなって闇市が建ち、あらゆるものが売買されていた。
しかしお金も無く、金に替えるものも無いものは浮浪者となって浮浪児らに混じり残飯をあさるしかなかった。
空襲を生き延び、飢えを凌いで敗戦の虚脱に耐えた後にもこうした生き地獄があり、
当然そこには置き引きかっぱらいに走り、腕力のある者は引ったくり強盗、恐喝と豹変するしか糧を得られなかった。
ことに女一人糧を得るには身を売春より手段はなかった…

■目次
●昭和に咲く女の華 第一話 たくましくも儚い「パンスケ」の生き様
●昭和に咲く女の華 第二話 サチを待ち受ける、さらなる危機
●昭和に咲く女の華 第三話 サチと男の運命が、音もなく動き出す…
●昭和に咲く女の華 第四話 やっと女の幸せが訪れたサチに忍び寄る、不穏な影が…

■画 
ケン月影

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「昭和に咲く女の華 1巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件