({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年03月10日
シリーズ名天使が泣いている
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数227
ジャンル
ファイル容量
85.32MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

【第4章】
17歳となった勇気は由香と共に県立高校へ進学していた。
高校生になり急にきれいになった由香。
想いを寄せる勇気は、偶然、同じカメラ部の先輩とデートをする由香を目撃してしまい心がざわつく。
そして先輩と付き合うという由香であったが、その決断が思わぬ事態へと発展してしまう……。

一方、勇気の叔父であり逃亡中の俊介が突然帰ってきた。
俊介は死んだ春菜の笑顔のため、罪を犯した者として生きる決心がついたと告げる。
自首することを勇気に伝えに来たのだ。
このことは、いまだ生きる意味を見出せない勇気に大きな影響を与えていく…。

なぜ生きるのか…長い苦しみから勇気がたどりついた答えとは!? 
第4章は勇気の《最後》の物語。

岡本ゆり先生が描く愛と衝撃の大河ロマンの傑作、最終巻(全4巻)!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「天使が泣いている(4)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件