({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年02月02日
シリーズ名変態上司は私のカラダに用がある
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数75
ジャンル
ファイル容量
17.73MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「触り心地、確かめさせてください」
憧れの上司の手に、胸元やスカートの中をまさぐられ…。
地味な私のカラダになんでそんなに執着するの…!?

借金を抱え、会社に内緒でキャバクラで働く千夏。そこへ憧れの上司・雪代さんがご来店!
Wワークがばれてしまったけれど、
事情を知った雪代さんは「僕だけの専属にします」と家政婦として雇ってくれることに。
はりきる千夏だが、雪代さんの家には“開けてはいけない部屋”があった。
うっかり中を見ると、そこには隠し撮りされた千夏の写真と、大量のあるモノが…!
ヒミツを知られた雪代さんは豹変!
押し倒され、「喘いだ顔を見せて」と彼の舌がカラダ中を這って…。

私の上司、変態だった――!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「変態上司は私のカラダに用がある 3巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件