({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年12月31日
シリーズ名太平記 愛蔵版
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数432
ジャンル
ファイル容量
247.3MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

★☆★☆★☆★☆★☆
清和源氏の流れをくむ足利高氏(尊氏)は
天下取りに照準を合わせ、幕府打倒で挙兵する。
鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇の親政に対する
武士たちの不満を吸い上げた尊氏は、朝廷と絶縁! 叛旗を翻す!
★☆★☆★☆★☆★☆

(三)『六波羅の巻』
清和源氏の嫡流として生を享けながらも
北条の風下に立つことをよしとせず自害した祖父の志をつぎ、
天下取りに標準を合わせた尊氏は幕府打倒の兵を挙げる…。
【目次】
第一帖 血の置文
第二帖 悪党
第三帖 足利と新田
第四帖 闘犬
第五帖 赤坂攻め
第六帖 好機到来
第七帖 裏切り
第八帖 六波羅攻撃
第九帖 北条幕府崩壊
第十帖 熟し柿

(四)『室町の巻』
鎌倉幕府は滅亡した―。
しかし後醍醐天皇の親政は武士の理想郷とはほど遠い貴族優遇の不平等な世の中だった。
武士たちの不満を吸い上げた尊氏はついに天下取りを目指す!
【目次】
第一帖 建武の暗雲
第二帖 戦乱再び
第三帖 多々良浜の合戦
第四帖 南北朝時代
第五帖 悲惨 金ヶ崎城
第六帖 北畠顕家
第七帖 後醍醐天皇崩御
第八帖 四条畷の決戦
第九帖 足利幕府確立

(本書は単行本三、四巻を収録)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「太平記 愛蔵版 二巻 足利尊氏」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件