({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年12月19日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数44
ジャンル
ファイル容量
38.06MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

アテネのパルテノン神殿で彫刻師たちの競技会が催された。

はるばる見学にきていたキルケのガラテア王女は見物人の波に飲まれ、
競技を見る事ができないでいた。

その王女をみかねて自分の席に抱き上げてくれたのは、
ピグマリオンという若者だった。

彫刻を愛する者同士のふたりは意気投合し、
夜が更ける迄語り合う。

翌日の再会を約束したガラテアだったが、
彼女を追って来ていた求婚者に強引に国へと連れ戻されてしまう。

一夜のつかのまの恋であったが、ガラテアもピグマリオンも互いを忘れる事が出来ず、
思い募らせたふたりは、互いのすがたを像に彫り日増しにそれを恋人として愛するようになる。

だがそれは国同士への戦いへと発展していく悲劇のもとになってしまうのだった。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ピグマリオンの恋人」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件