({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 橋本花鳥
出版社名 徳間書店フォローする
レーベル RYU COMICS
販売日 2018年02月15日
シリーズ名虫籠のカガステル
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数200
ジャンル
ファイル容量
101.01MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

人が巨大な虫になる奇病[カガステル]が発症。
虫(カガステル)は理性を失い、人を襲い、繁殖し続ける。
人類が虫(カガステル)の“駆除”を認めたのは、人口の三分の二が喰い殺された後だった――。

“駆除屋”として生きる少年・キドウは、“虫籠”で死にかけた男を発見。
男は娘を託し息を引き取る。残された娘・イリは、父が死んだ哀しみでその場を動こうとしない。
キドウはそんな少女の頬を叩き、言い放つ。「生きる気がないならここで死ね」
――それが二人の出会い。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「虫籠のカガステル(1)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件