({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年11月22日
シリーズ名戦国ぼっち
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数290
ジャンル
ファイル容量
25.04MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

島津の“戦国版戦車”──【亀甲車】軍団との戦いが終わり、一郎太一行の元に訪れる束の間の平穏。
しかし、そんな彼らの元に、関白・羽柴秀吉からの文が届く。
文によると、瀬戸内海で秀吉旗下の軍船が相次いで沈められ、
しかも、目撃者は、「【幽霊船】にやられた」と証言しているのだ。
【幽霊船】などというものが、果たしてこの世に存在するのか……!?
真偽を確かめるべく、一郎太たちは瀬戸内海へと向かうが、調査は困難を極める。
そして、途方に暮れる一郎太たちにも、【幽霊船】の魔の手が忍び寄っていた……。
舞台は再び瀬戸内に移り、物語は核に迫る。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「桜ノ杜ぶんこ 戦国ぼっち5」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件