({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年10月16日
シリーズ名怖くて残酷な日本の怪談
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数66
ジャンル
ファイル容量
47.81MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ホラー界の残酷王・御茶漬海苔が日本の怪談に挑んだ怪奇&スプラッタコミック!
単行本未発表の『怪談 累ヶ淵』『おややの火』の2編収録!

『怪談 累ヶ淵』は、サイレント映画時代劇として1924年に初公開され、
以後、1930年、1937年、1957年、1960年、1970年、2007年と計7回も発表された傑作怪談。

『おややの火』は、江戸時代初期の備後の国のお話。
遊女上りの美しい女性のおややは、石井又兵衛という郷士の妾だったが、
いい寄る男が多く、村の修験者の長覚とねんごろになってしまった。
だが二人の関係を知った主人の又兵衛は嫉妬に狂いとんでもないことをし始めるのだった…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「怖くて残酷な日本の怪談 第3巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件