({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年09月15日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数250
ジャンル
ファイル容量
8.14MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

「あなたは今、生と死の狭間にいるのですよ」。

クリスマスイブに交通事故に遭った女子高生の吉野は、気が付くと白い綿菓子のようなものが浮かぶ奇妙な空間にいた。
彼女はそこで、顔がモヤに隠れた不思議な男性たちに出会う。
シセイチョウ(=死整庁)の職員を名乗る彼らは、「今日中に誰かを幸せにすれば、生き返ることができる」と言うのだが――。
偶然出会った青年を幸せにしようと女子高生が奔走する『聖夜の贈り物』。
介護士の綾香が母親に捨てられた少女の記憶の世界を巡る『紫陽花の少女』。
十年前の学校にタイムスリップした高校二年生のあき奈。
そこで出会った少年とあき奈の不思議なつながりを描く『学園祭は眠らない』、ほか四編。温かな涙が止まらない! 
読むと心が元気になる連作小説集。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「明日の君に逢いにゆく~天国のひとつまえ~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件