({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年09月13日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数33
ジャンル
ファイル容量
15.73MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

太平洋戦争も日本に敗戦の色濃い昭和20年はじめ――。
圧倒的な物量を誇る米軍機動部隊は、日本の最後の砦・沖縄周辺海上に集結していた。
これに対し、日本軍の残された反撃手段はただ一つ。
機もろとも敵艦に体当たりする肉弾攻撃、神風特別攻撃隊であった。
250kgの爆弾を戦闘機に取り付け、まっしぐらに敵艦に突っ込んでいくという世界にも例をみない恐るべき戦法である。
しかしながら、この神風特別攻撃隊をしても敵の侵攻をくいとめることはできず、
ここでさらに恐るべき戦法がとられた。
すなわち、ロケット特攻機「桜花」の誕生である。
桜花はそれ自身戦闘能力は全くない翼をもった爆弾といっていいだろう。
――昭和20年3月21日、桜花特別攻撃隊の第1陣18機は九州の南端・鹿屋基地を飛び立っていった。
護衛戦闘機はわずか30機。「この攻撃に成功し、戦局は逆転する」
日本軍最後の期待を担った桜花は必ずや戦局を打開してくれると固く信じられていたのであったが…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「特攻3万メートル」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件