({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年09月19日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数96
ジャンル
ファイル容量
30.94MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

バレエ一筋に生きた母が、この春亡くなった。

僕は10年前、バレエよりラグビーをやりたいと言ったばかりに、母とケンカ別れしたままだった。
なんで嫌かって? あまり思い出したくない幼少のみぎり、
僕はレオタードの女の子達とバレエを踊っていた。
鬼のように厳しい母から毎日シゴかれ、悪友の正貴にタイツ姿を見られたあげく
「オカマのハヤトちゃん」とさんざん笑い者にされたからだ。
東京の実業団でラグビー界のプリンスと呼ばれている僕は、
母のバレエスタジオを継ぐわけもなく売ろうとした。
正貴が「先生があの世から化けてでるぜ〜」なんて言うから、スタジオで踊る母さんが!?
ビックリ仰天する俺に話しかけてきたのは、教室の教師の田坂琴子だった。そして…!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「【素敵なロマンスコミック】ジークフリートは踊れない」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件