({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年08月15日
シリーズ名やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数233
ジャンル
ファイル容量
104.95MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

突然の雪崩で消息を絶ったパーティー。
その中には志摩律子が顧問弁護士を務める河野機工の社長の息子・河野孝一もいた。
孝一は実の息子ではなかった。子宝に恵まれなかった社長夫妻の養子に迎えられ、大切に育てられてきた。
孝一の妻も社長が見合いをさせた結果だった。
慌てて現地へ向かった河野社長と孝一の妻・厚子が目にしたのは、
願いも虚しく、変わり果てた姿の息子の姿だった。
そしてその傍らには孝一の遺体にしがみつき号泣する女……
大学時代から孝一と付き合いを続けていた愛人であった。
孝一の遺体を前に女は河野社長と妻に言い放つ。
好きでもない女と結婚させられ、孝一はずっと耐えてきたのだと。
そして河野社長と孝一の妻・厚子は、ある決断をすることになる……。

篠原とおる先生がお贈りする弁護士・志摩律子の華麗なるサスペンス事件簿、
人間関係が交錯する第13巻(全14巻)!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~(13)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件