電子書籍 > 宙出版 > 猿の手

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年04月07日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数501
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「猿の手 猿の手 私の願いを叶えておくれ――…」

―――【猿の手】
見てくれは干からびた猿の前足のミイラだが、
それを手に入れた者は、どんな願い事でも三つ叶うという。
ただし、相応の代償を引き換えにして―――。

生きること何もかもすべてに絶望し、
行き場のない人間に【猿の手】と呼ばれる干からびたミイラの欠片を与える謎の男・諸岡慶士朗。
彼に猿の手を与えられた者は己の幸せ、あるいは大切な誰かの幸せを願う。
追い詰められた者たちが願う幸せの果てに待つ本当の恐怖とは――。
そして快楽的に動き、傍観する愉快犯・諸岡の真意とは一体!?

鬼才・永矢洋子が人間の欲深さ、つかの間の幸福、そしてどん底を描く!!

『猿の手』シリーズI~X 全10話、PROFILE「諸岡慶士朗」「緋尾竜一」 収録
(単話売との重複購入にご注意ください)

作品情報/動作環境

作品番号
BJ107531
ファイル名/ファイル容量
BJ107531.zip / 204.22MB (214137393Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「猿の手」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件