電子書籍 > オフィス漫 > やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~(11)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年04月11日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数231
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ひとときの休暇を楽しむことにした志摩。向かった先は萱島という小さい島だった。
船を降りると入れ違いに病人が運ばれていく。無医村? 
だが島内を散策する志摩は診療所を見つける。病院はあるのに何故、船で病人が運ばれていったのか? 
すると診療所から患者が飛び出してきた。院内を覗くと医師が仁王立ちしている。左手には注射器、右手には酒瓶!? 
原因はこの医師だった。医師は単身赴任の寂しさからか酒に溺れるようになり、メチャクチャな診察を繰り返しているらしい。
島民は協議を重ね、その医師に出ていってもらうよう通告することになっていた。
そんな矢先、子どもが大怪我で早急に治療を行わなければならなくなった。
慌てて診療所に駆け込むと……案の定、酒に溺れた医師がいた。志摩はその医師と対峙する!!

篠原とおる先生がお贈りする弁護士・志摩律子の華麗なるサスペンス事件簿、人間関係が交錯する第11巻(全14巻)!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ106397
ファイル名/ファイル容量
BJ106397.zip / 104.55MB (109625309Byte)

やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~(11)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~(11)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件