({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年04月11日
シリーズ名やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数229
ジャンル
ファイル容量
101.56MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

志摩が帰宅すると隣の部屋の前に不審な男が立っていた。
志摩の顔を見ると直ぐに立ち去ってしまったのだが、どこかで見た気が……。
その夜、玄関のチャイムが鳴り響く。真夜中の来訪者は、隣の部屋に住む浅見であった。
「どろぼうが入ったらしい!」と助けを求めてきたが、
特に盗まれたものはなく、家具や本の位置が朝と変わっているらしい。
これで三度目らしく、詳しく部屋を調べて見ると未開封のスコッチが半分以上も飲まれていた。やはり侵入者が……。
そして翌日の夜、浅見の部屋の鍵が開く音がした。浅見はまだ帰宅していないはず。
巡回中の警察官と慌てて帰ってきた浅見と共に部屋に入ると、
そこにいたのは……なんと浅見の別れた彼氏だった!? 

篠原とおる先生がお贈りする弁護士・志摩律子の華麗なるサスペンス事件簿、人間関係が交錯する第10巻(全14巻)!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~(10)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件