電子書籍 > オフィス漫 > やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~(7)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年04月04日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数229
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

酒屋の笹崎が、配達中に階段から足を滑らせ転落、病院へと運ばれた。
ゴルフの練習を邪魔され、面倒くさそうに診察を行う外科医であり病院長の大崎。
くだした診断は「足首の骨折」と「打撲」だった。
しばらく入院することになった笹崎だったが、骨折した足ではなく、強い腹痛を訴える。
妻がナースコールをするも、大崎医院長は診察すら行わず、痛み止めを看護師経由で渡すだけであった。
さらに異常な程に苦しみ始める笹崎。
夫のただならぬ様子に不安を感じ、妻が病院長を強引に連れて病室へ戻ると……笹崎はすでに息絶えていた。
病院長の死亡診断書には急性心不全の文字……。本当にそうなのか? 
笹崎の妻は医療ミスによる損害賠償請求を志摩に依頼する。

篠原とおる先生がお贈りする弁護士・志摩律子の華麗なるサスペンス事件簿、人間関係が交錯する第7巻(全14巻)!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ106393
ファイル名/ファイル容量
BJ106393.zip / 92.55MB (97041112Byte)

やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~(7)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~(7)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件