電子書籍 > eBookJapan Plus > ウィカ―オベロンの怒り― (1)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年03月24日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数69
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

フランスが誇るダークファンタジーの帝王オリヴィエ・ルドロワ見参! 
目眩く人工楽園で繰り広げられる真夏の夜の“悪”夢。機械仕掛けの暗黒妖精譚。
妖精物語×スチームパンク。三浦建太郎氏絶賛! 
「さすがネイティブ・ファンタジー。勉強になります!」(三浦建太郎『ベルセルク』) 

遠い昔、人間たちの世界から遥か遠く離れた妖精王国。
美しき妖精女王タイタニアは、妖精王国を統べるオーディンの息子オベロンに憎まれ、
夫である公爵クレイモア・グリムとともに命を狙われる。
2人の間にはウィカという名の娘がいた。
彼女もまた狼女ロウェナに襲われるが、忠臣ハギスの働きで、一命を取りとめ、
強力な妖精の力を封印したまま、ある農夫に育てられることになる。
やがて、妖精王国は、オベロンの統治のもと、狂気と闇の時代に突入することになる。
13年後、成長したウィカが、王都アヴァロンに辿りつく。
その地で、彼女は自らの生い立ちを知り、運命に翻弄されるまま、オベロンの軍勢と立ち向かうことになる――。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ106294
ファイル名/ファイル容量
BJ106294.zip / 80.1MB (83987418Byte)
注意事項
※こちらは海外作品のため、左開きの仕様になっております。予めご了承ください。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ウィカ―オベロンの怒り― (1)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件