電子書籍 > eBookJapan Plus > 星たちの学校

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年05月08日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数146
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

心温まるエピソードや、せわしない日常に
一服の清涼剤となるような作品を発表している福田素子が手がけた未単行本作品を電子書籍化。

花島五月(はなじま・さつき)は夜間の定時制高校、若葉高等学校で教壇に立っている。
かつて全日制で教えていた五月には、そのとき救えなかった生徒がいた。
辛い記憶から逃れるように一時は教師を辞していたが、
ガンが転移しすべての病巣が取り除けないことを知ったとき、改めて教壇に立つ決意を固めた。
生徒と正面から向き合う五月の姿を通して学ぶことの意味を問う「星たちの学校」、

町の小さなパン屋を営む父が、
ある日、脳梗塞で倒れ、10年以上意識が戻らない状態になった。
いつか意識が戻ったときのため、母と二人でパン屋を続けることを決めた真澄だったが……。
意識の戻らない父と、その家族の葛藤を描いた「あなたがいること」の2編を収録。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ106051
ファイル名/ファイル容量
BJ106051.zip / 73.37MB (76931101Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「星たちの学校」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件