電子書籍 > eBookJapan Plus > この命の行く先

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年05月04日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数163
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

3歳のとき筋萎縮と筋力低下が進行していく難病・筋ジストロフィーと診断された早野香寿代さん。
「難病で何歳まで生きられるか分からない、だいたい20歳までの命……」と
医師に告げられながらも、50歳を超えたいまでも元気な姿を見せてる。
「奇跡の女」と言われる早野さんに、マンガ家・福田素子が「死」について問う。
筋ジストロフィーと診断され、父母よりも長くない命と思い続けてきた早野さんが、
母の死、父の死を通して感じたこととは? 
また、本人が46歳のときに遭遇した交通事故のエピソードなど、
誰よりも「死」を身近に感じてきた早野さんの口から明かされる死生観とは? 
生きることに漠然とした不安を感じるすべての人に捧げます。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ106044
ファイル名/ファイル容量
BJ106044.zip / 77.92MB (81709431Byte)

この命の行く先の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「この命の行く先」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件