電子書籍 > 黒ひめコミック > お父さん、私アイドルだったんだよ。 1巻

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年03月01日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数60
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「あなたの夢のはじまりは、どこでしたか。」

――月島花は、アイドルグループで頑張る19歳。
アイドルになりたいと思ったきっかけは、小さい頃の幼稚園でのお遊戯会で、
赤い衣装で踊る自分の姿を両親が見ていてくれたことが嬉しかったから。
やがて月日が流れ、長くアイドル活動を続けている自分に、花は少しずつ違和感を感じ始める。
アイドルとは何か? 自分は何が欲しくて、アイドルになることを夢見てきたのか?
そんなある朝、父親との何気ない会話の中で、花は「自分が本当に欲しかったもの」に気づく。
だが父親からのひと言は、花が望むものとは正反対のもので……?

夢のはじまりと、そこに向かい続けた自分と、そして色々な選択を重ねながら進んでゆく花の人生。
遠回りしながらも、彼女が最後に見つけた「夢」の形とは?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ104449
ファイル名/ファイル容量
BJ104449.zip / 33.48MB (35106877Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「お父さん、私アイドルだったんだよ。 1巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件