電子書籍 > 実業之日本社 > 嫌がってるキミが好き

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年02月17日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数186
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ある日の学校で、生まれて初めて「好きです」と告白された白川みこと。
相手の大槻まことは「顔も髪型も変。なんか暗そう。ていうかこんな人、この学校にいたっけ?」
と思うほど、全然好みのタイプではない。
しかし、彼氏がいることで女友達の話題に入れたり、自慢できると考えたみことは、その場でつき合うことを決めた。
ずっと憧れていた「彼氏がいる私」というシチュエーションに浮かれるみこと。
デートにキスにそれ以上……と妄想をふくらませていたのだが、まことはその後、声すらかけてこない。
さんざん焦らされた頃、ようやくまことが声をかけてきた。みことの家で映画鑑賞をしたいという。
ついに来たお誘いに、みことは初体験までを覚悟して慌てるのだが、そこで起きたのは……!?

次々と露呈するまことの性癖。
そう、彼はみことが「嫌がってる顔が好き」なのだった。
まことの歪んだ性癖は、やがてみことの新たな性癖を覚醒させていくのか……!?

多くの女性読者を「気持ち悪い。けど……早く続きを読みたい」と虜にした異色&魅惑のラブストーリー!
もしかすると、あなたの秘めたる性癖が目覚めてしまうかも…!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ103709
ファイル名/ファイル容量
BJ103709.zip / 71.43MB (74901562Byte)

嫌がってるキミが好きの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「嫌がってるキミが好き」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件