電子書籍 > オフィス漫 > 運び屋姫子(4)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年02月12日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数178
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

本日の依頼人は……
以前のストーカー事件以後、彦星運輸の事務員として姫子と同居しながら働いていた清香が、家を出たいと言ってきた。
叔母の家が放火され、一人娘の恭子を預からなければならなくなったのだ。
結局、姫子の家で預かることになったが、恭子が通う中学の校長が必要以上に恭子母子にすり寄って来る。
結局、恭子の母の退院を機に、母子共々、校長の家に住むことになったのだが、
恭子の言動に姫子はいいようのない不安を感じ、裏の調査を開始する。……そして事件は起こった!! 

彦星運輸の次期社長である彦星姫子の裏の顔は、
かつて女暴走族としてならした超武闘派の腕っ節で、
女性に害をなす悪を懲らしめる正義の運び屋「織姫運輸」のリーダー! 
女性と弱者を救うチーム「織姫運輸」の活躍を描いた社会派ヒューマンミステリー、最終巻(全4巻)!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ102798
ファイル名/ファイル容量
BJ102798.zip / 79.12MB (82958172Byte)

運び屋姫子(4)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「運び屋姫子(4)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件