({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年02月03日
シリーズ名笑うあげは
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数197
ジャンル
ファイル容量
80.57MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

“あげは”と呼ばれる謎の美女は盲目だった。
にもかかわらず、そのしなやかな指先は自在に牌を操る。
澱みなく…優雅に…華麗に…!!
美しく宙を舞う蝶に引き寄せられるように、
彼女に挑む男たちが目にするのは!?

★単行本カバー下イラスト収録★

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「笑うあげは(1)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!クズ男は彼女を見下して嘲笑うが、彼女は返り討ちにして微笑む

2017年12月21日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

座頭市がなぜ何度も実写映画化され、それなりの好評を得ているのか。
色々と理由はあると思いますが、「弱者が強者を叩きのめす下剋上の痛快さ」は筆頭と呼べるはずです。
全盲というのは五感の障害の中でも最も実生活への影響が大きく、それだけに社会的弱者に成りがちです。
本作でメインとなる黒髪の美女も往来を歩くのは白杖があっても一苦労で、都会の雑踏に惑わされて迷子になりかけるシーンも描かれたりします。
しかし、麻雀となると話は違います。
特段、漫画的な超能力を使っているわけではなく、捨て牌を声に出して言うルールを追加しているだけ、たったそれだけの情報源で、彼女は光ある者たちを打ち負かし、艶やかに微笑むのです。
痛快さをさらに奥深いものに昇華しているのは敵役の性根だと思います。
どうせ見えていないからと図々しいイカサマを仕掛ける男、相手が女で全盲だからと暴力に訴えようとする男、要するにクズ寄りが多いのです。
従って、ただでさ見えない不利さが輪をかけて危機的状況に持ち込まれます。
ところが、それすら鮮やかにいなして笑う、まるで完全犯罪を鼻歌まじりで解決する名探偵のような快感です。
加えて、彼女は自分の見えない目を怨む素振りが無いのが物語を明るくしていると感じました。
上記の通り困る事はあっても、それを楽しみ、大勝利をもぎ取れば満面の笑みを見せてくれるので、読む側も悲しい気持ちにはならないのです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]