電子書籍 > ぶんか社 > 声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 2

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年02月09日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数178
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

明治後期、瀬戸内海の伊之島で生まれ育った活発な少女・チヌ。
母はなく、幼いころから父親と、美しい姉・サヨリとともに暮らしていた。
ある時、父が死に、姉妹は人買いの競りにかけられる。
サヨリは高値で女衒に売られ、チヌは下層遊郭の「須賀屋」へ売られた。

生きていればいつか姉に会えると希望を持つチヌだったが、
初めて客を取らされた夜、絶望し、自殺しようとしたところを大地主の青年・公三郎に助けられる。
何事にも執着しない生き方をする彼だったが、チヌの天真爛漫な性格に惹かれていく。

その後、チヌの見世はつぶれ、大店「東陽楼」で働くことになる。
東陽楼の女たちは、チヌが公三郎に気に入られていることに嫉妬し、
彼女を追い出そうと目論むが、仲間を思うチヌの心意気や仕事への気概を認め、受け入れるのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ102356
ファイル名/ファイル容量
BJ102356.zip / 38.54MB (40412498Byte)

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 2の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件