({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年01月07日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数196
ジャンル
ファイル容量
73.95MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

Twitterフォロワー数8万人超! 
手塚治虫、吾妻ひでお、楳図かずお、ジョージ秋山、つげ義春・・・
古き良き昭和のマンガテイストを現代に受け継ぎ話題沸騰! 
今『コミカワ』で人気・実力ともにNo.1の作家が、自身の新境地となるホラーに挑戦。 
『今日の漫画』(ナナロク社刊)、『臆病の穴』(秋田書店刊)、
『アオキヒビハ。』(KADOKAWA刊)のファンはもちろん、ホラーマンガ好きにも必読の一作。

(あらすじ)
ある山の中の一軒家に住む男のもとに、今日も人間が迷い込む。
退屈しのぎにと、男が語りはじめるのは、聞き手自身にまつわる、恐ろしい夜話だった。
迷い込んで恐怖夜話を聞くことになった者たちの運命は……。

長編と短編を織り交ぜたオムニバス形式。
連載第11話までの内容に加え、単行本限定のエピソードも収録。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「迷うは君の世界1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件