({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年12月22日
シリーズ名ストーリーな女たち
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数354
ジャンル
ファイル容量
89.6MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

世の中のさまざまな女性たちのドラマチックな生きざまをお届けする
社会派<ヒューマン>コミック誌「ストーリーな女たち」第14弾。

Vol.14の特集は「子供たちの絶望」。
ネグレクトの両親や、子供のことを考えられない利己的な大人たちに振り回される、子供たち。
その絶望の先にあるものとは――!? 

巻頭作品の「赤い花 白い花」(庭りか・作)では、
母親に見捨てられて不幸に育った女性が小さな幸せを求め、それが失われるまでを描いています。
絶望を知った瞬間、女は鬼にでもなる!? 今後の戦慄を感じさせる展開は必見です。
このほか、榎本由美の「新・児童養護施設の子どもたち」の最新話のほか、
実在の母親と息子の闘病記を漫画化した「500日を生きた天使」(さがわ蓮・作)も見逃せません。

353ページの大ボリュームでお届けする、感動作品満載の「ストーリーな女たち」をお見逃しなく。 

※本コンテンツは雑誌形式で、掲載作品が連載形式になります。
読み切り形式の作品集ではありませんのでご注意ください。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ストーリーな女たち子供たちの絶望 Vol.14」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件