({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年12月31日
シリーズ名愛は唇で嘘をつく
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数139
ジャンル
ファイル容量
8.34MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

櫻井志緒 26歳。
広告代理店に勤めて4年、ずっと編集をしてきたのに突然の営業部への異動。
異動先で初めて担当することになったのは、今を時めくロックバンド“Raison d'etre”の仕事。

ドアを開けて、彼が先に一歩足を踏み入れた瞬間、腕を掴まれて引きずり込まれた。
「ちょ……っ!」
バタンと真横で閉められたドア。訪れる静寂。
途端に漂う緊張感は、……たぶんあの夏の続き。
「久しぶりだな、志緒」
「……」
「しばらく会わないうちに、すっかりデキるOLさんって感じ」

…そう、ボーカルのTAKUMIは元彼の拓海(たくみ)。
9年前、相手が急に消えてしまったことで終わってしまった、あたしの恋。
他の誰も聴いたことのない甘い、甘い響きの誰もが認めるいい声で
私の名前を呼ぶ彼が、今目の前にいる。
それから、“Raison d'etre”に──いや、TAKUMIに振り回される日々が始まった。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「愛は唇で嘘をつく 3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件