>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年10月21日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数193
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではブラウザ視聴のみの対応となります。 ブラウザ視聴について ]

作品内容

怖くて切ないオカルトファンタジー最終巻!

ひょんなきっかけから同居生活を始めた大学生、カナとプー。
オカルトオタクと恐がり女子大生。
水と油の男女が一つ屋根の下で暮らす過程で、様々な事件が起きる。

初めての二人きりでの外食。
お好み焼き屋で和やかに食事をしていたところ、プーの様子に異変が。
店に憑いていた霊に絡まれ、冷や汗びっしょり、真っ青になるプー。
霊は自分の死んだ時の様子を、彼に何度も見せようとしていた。
たまらず店を出る二人だったが、霊はプーに憑いて離れようとしない。
かつてない危機の中、プーは、カナを先に帰そうとするが、
彼が自分の元から去ることを直感したカナは、プーの手を握って二人で公園へ赴く。

凍てつく冬の夜、誰もいない公園で、ふらつきながら必死に霊と格闘するプー。
襲い掛かる恐怖の中、彼を何とか支えようと、カナはプーに霊との対話を促すが…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ094750
ファイル名/ファイル容量
BJ094750.zip / 106.93MB (112123566Byte)

霊感青年 3の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「霊感青年 3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件