電子書籍 > ぶんか社 > 化石の記憶 1

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年09月24日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数258
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

現代に恐竜が甦る――!? 

美袋竜一は幼い頃、母を「ぬし」に殺され、父も「竜哭」を捜索中に行方不明となっていた。
竜一の恋人・矢村弓江は、AR産業開発部長の娘で売春をしている女学生。
再び「ぬし」が現れたことを知った竜一は、弓江を使って父親をゆすり金を手にして、故郷・塙(しま)に向かう。
そこで竜一は、古代地層からその時代に存在しえない人骨を発見したE大学助手の本庄哲也と出会う。
一方、本庄の研究に注目していた本庄の友人・MRU産業の小室啓介も、執拗に本庄を追っていて――。

古の文献に記された謎をめぐって複雑に絡み合う組織の陰謀と人間模様――。
漫画界の奇才・たがみよしひさが贈る渾身のSFミステリー大長編第一巻!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ093431
ファイル名/ファイル容量
BJ093431.zip / 63.99MB (67100675Byte)

化石の記憶 1の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「化石の記憶 1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件