>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
{{ __('fb01') }}{{ __('fb02') }}
{{ __('fb03') }}
{{ __('rate02') }}
{{ __('rate03') }}

{{ __('rate04') }}

{{ __('rate05') }}
{{ __('rate06') }}

{{ __('rate07') }}
{{ __('rate08') }}

{{ __('rate09') }}

{{ __('rate10') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年08月01日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数164
ジャンル

作品内容

殺人事件の容疑者として逮捕された加治清は弁護士との面会を状況打開の唯一の望みと考えていたが、
あいにく国選弁護人にはその熱意がなく、さらに絶望の淵に追いやられることに。
刑事の森村つぐみと小倉雅文は物的証拠になるはずの凶器探しを続けていたが、手がかりはつかめない。
一方、清の取調べを行う松下係長は警視庁の上層部から呼び出しを受け……。
週刊女性連載中。

収録内容
「当番弁護士」、「学閥の宴」、「藤検事の家庭の事情」、「家族たちへの想い」、
「或る冤罪被害者の叫び」、「つぐみからの言葉」、「ネットの誹謗中傷」、
「まりもの危機」、「被害者の「心」を想像しろ!!」、「上層部からの通達」

作品情報/動作環境

作品番号
BJ087718
ファイル名/ファイル容量
BJ087718.zip / 49.9MB (52322903Byte)

ニコラオスの嘲笑(9)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ニコラオスの嘲笑(9)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件