電子書籍 > 竹書房 > 源さん刑事(下)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年07月05日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数307
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

内閣総理大臣から華麗に転身、どんな難事件も明るく解決してきた源さん刑事。
保険金殺人の容疑者を前にし、捜査するだけの立場に限界を感じた源さんは、
裁判にかけるための公訴権のある「検事」になって、不正義・巨悪と対決する。

信用組合救済をめぐる汚職事件で、検察庁は信組理事長の起訴のみで幕を引こうとする。
源さんは追求を続け、法務大臣の指揮権発動を無視し大蔵省の幹部たちを独断で訴えてしまう…。

『自虐の詩』『世直し源さん』に続く、業田ギャグの大作、初の完全刊行。
『自虐の詩』『世直し源さん』に続く、業田ギャグの大作、「検事編」に突入。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ084951
ファイル名/ファイル容量
BJ084951.zip / 112.7MB (118173756Byte)

源さん刑事(下)の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「源さん刑事(下)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件