電子書籍 > A-WAGON > それゆけ秘宝館

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年08月31日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数207
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

堆郎と扶美子は結婚して1年、2年は幸せに過ぎ3年目を迎えたとき
扶美子から「私のことを愛していない」と言い、一方的に離婚の話を進めてしまった。
堆郎は口下手で何も言えないまま、年の暮れに離婚届を出しに行くことに。
堆郎の両親に離婚報告をしに車で向かうが、
口下手で道に迷ったと言えない堆郎が道なりに進んで着いた先はなんと「秘宝館」。
アレな物を展示してあると聞き扶美子は興味津々!
強引に連れて行かれる堆郎だが…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ082856
ファイル名/ファイル容量
BJ082856.zip / 86.41MB (90603415Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「それゆけ秘宝館」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

”酒井美羽”先生が伝えたいコト・・・。

2016年09月01日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

時代や流行が移り変わっても、これだけは変わらない。
そんな事柄をテーマとした”酒井美羽”先生の短編四本が
収められた作品集。
印象的な収録作品は、結婚三年目の暮れ、”離婚報告”に
帰郷する二人を描いた表題作「それゆけ秘宝館」。道に
迷って訪れた場所で、お互いを再認識してゆく。説得力
のある構成が光る、お話でした。
コメディータッチでドタバタした展開ながら”酒井美羽”
先生が伝えたいコトが、読み手にシッカリと伝わる、そ
の作風は唯一無二なもの。深みのある味わいがある一冊。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]