({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 櫂広海
出版社名 青泉社フォローする
レーベル 青泉社
販売日 2016年06月08日
シリーズ名鬼談 人形師雨月の百物語
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数280
ジャンル
ファイル容量
77.55MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

人形師・北村雨月の家には、親友の怪奇作家・石田豪成と秘書の斎川杏子が居候している。

ある日、杏子は雨月に「修理をお願いしたい」という人形を女性から預かった。
だが、その人形の箱の中から女のうめき声が聞こえ、
声の正体を雨月と豪成がつきつめていくと、意外な真実が明らかになり……!? 

ときに怨みから、ときに未練から……
この世をさまよう霊魂を、人形師・雨月がヒトガタをもって救い出す、怪異絵巻「鬼談」シリーズ続編。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「鬼談 人形師雨月の百物語(2)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件